『当サイトはプロモーションを含みます』

名曲ストーリーズ②「想いを乗せた風」(「海岸通り」より)

海岸通り-000 名曲ストーリーズ

これは、名曲を元にしたストーリーをAIによるイラストで構成したものです。

今回は、風さんの名曲「海岸通り」の世界を、表現してみました。

あの、波止場での別れ際の切ない男女の心情をうまく表現できているとよいのですが♪

では、どうぞご覧下さい。

「海岸通り」作詞・作曲:伊勢正三 歌:風

「海岸通り」

作詞・作曲:伊勢正三 歌:風

ぜひ、風さんの歌を聞きながら、イラストをお楽しみください♪

ストーリー「想いを乗せた風」

海風が髪をなでる。砂浜を裸足で歩きながら、彼女はあの夏の日のことを思い出していた。

海岸通り-01

彼と出会ったのは、この海岸通りだった。初めて話しかけてきた時の彼の優しい眼差しが忘れられない。それから毎日のように、一緒にこの道を歩いた。彼の隣を歩く幸せ。二人の影は、いつも寄りそっていた。

海岸通り-02

海岸通り-03

海岸通り-04

夕日に照らされたオレンジ色の空。潮の香りを運ぶ風。彼の温かな手のぬくもり。どれもこれも、かけがえのない思い出だ。

海岸通り-05

でも、彼は夢を追いかけて、遠く離れた街に行かなければならなくなった。別れが辛くて、最後はうまく笑顔を作ることができなかった。港で見送りながら、涙をこらえるのが精一杯だった。

海岸通り-07

海岸通り-08

船が岸壁を離れる。甲板の上から、彼が手を振っている。二人で歩いた海岸通りが、遠くなっていく。 いつの日か、また彼と一緒にあの道を歩きたい。そう心の中で呟いていた。

海岸通り-09

潮風に乗せて想いを届けたい。遥か遠くへと小さくなっていくあの人へ。

海岸通り-06

おわりに

別れ、そして再会への想い。

恋愛には、さまざまな側面があります。出会いの甘酸っぱさ、恋の切なさ、別れの悲しみ、再会の喜び…。

そういった感情が、風さんの「海岸通り」を聞いていると心にあふれてくるんです。

これからも、日本にあるたくさんの名曲を、AIの力を借りてイラストで表現していきます。

心に響く歌を聞きながら、イラストを楽しんでもらえると幸いです♪

 

※ ここで使われているイラストは、すべてChatGPTの「DELL-3」と、Stable Diffusion系の「Fooocus」によって作成されたものです。