『当サイトはプロモーションを含みます』

名曲ストーリーズ①「春への旅立ち」(「なごり雪」より)

春への旅立ち-000 名曲ストーリーズ

これは、名曲を元にしたストーリーをAIによるイラストで構成したものです。

今回は、イルカさんの名曲「なごり雪」の世界を、表現してみました。

あの、雪の中の駅のホームでの切ない男女の別れを、うまく表現できたらよいのですが♪

では、どうぞご覧下さい。

「なごり雪」作詞・作曲:伊勢正三 歌:イルカ

「なごり雪」

作詞・作曲:伊勢正三 歌:イルカ

ぜひ、イルカさんの歌を聞きながら、イラストをお楽しみください♪

ストーリー「春への旅立ち」

春への旅立ち-01

季節外れの雪がひらひらと舞い降りる中、彼は古びた駅のホームに佇んでいた。幼馴染の彼女を見送るためだ。二人は18歳、高校を卒業したばかりだった。

春への旅立ち-02

彼女は大学進学のため、遠くの街へと越していく。夢に向かって一歩を踏み出すその背中を、彼は寂しさと誇らしさが入り混じった複雑な思いで見つめていた。

春への旅立ち-03

「また会える日を楽しみにしているよ」と彼女は微笑む。
「うん、きっとまた会えるさ。元気でな」と彼は精一杯の笑顔を作った。

春への旅立ち-04

春への旅立ち-05

列車のドアが閉まり、ゆっくりとホームを離れていく。マド越しに手を振る彼女に、彼も手を振り返した。だんだんと小さくなっていく列車を見送りながら、二人の思い出が走馬灯のように彼の脳裏をよぎっていく。

春への旅立ち-06

春への旅立ち-07

雪はいつまでもしんしんと降り続けていた。これから先、彼女がどんな未来を歩んでいくのか。いつの日か、また笑顔で再会できる日を心から願いながら、彼はホームに佇んでいた。

春への旅立ち-08

幼い日の約束を胸に、それぞれの人生を歩んでいく。遠く離れていても、心はいつも繋がっているのだと信じて。

春への旅立ち-09

時が経てば、彼らはお互いを想う気持ちも変化していくことを知るだろう。

彼女の旅立ちは、彼にとって、大人への一歩となった。離れていても、彼らの心の中で、春は永遠に訪れ、彼女はいつまでも彼にとっての光となり続ける。

おわりに

人生には出会いと別れがつきものです。でも、かけがえのない人との絆は、たとえ離れていてもずっと心の中で生き続けるでしょう。

遠く離れても、お互いを思う気持ちが人と人とを結びつけてくれる、そんな普遍的なテーマをイルカさんの歌から感じることができます。

このあとも、心に残る名曲をもとにした物語を、AIによるイラストで作成していく予定です。

切ない曲や楽しい曲、それに勇気が湧き出る曲など、日本にはたくさんの名曲があります。その名曲の世界を、AIの力を借りてイラストで表現できるなんて、とても幸せを感じます。

 

※ ここで使われているイラストは、すべてChatGPTの「DELL-3」と、Stable Diffusion系の「Fooocus」によって作成されたものです。