『当サイトはプロモーションを含みます』

玉木宏さん主演【砂の器】に号泣!

ドラマ

玉木宏さんが主演している『砂の器』なんてあったの!?

ミステリードラマが好きで、松本清張原作の『砂の器』も映画からドラマまで何作品もみてきたのに、玉木宏さんが主演しているものはみたことがありませんでした。

今回、衛星放送で放送されると分かったのでちゃんと録画をしておいて、ついさっきまで見ていたのですが、もう、泣けて泣けて……

そこで今回は玉木宏さんが主演のドラマスペシャル『砂の器』をみた感想をチラッと書いてみますね。

 

U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり

いったいいつ放送?二夜連続ドラマスペシャル『砂の器』

玉木宏さん主演の『砂の器』、いったいいつ放送されたのかと思ったらなんと2011年の9月 ではありませんか。

しかも、本来なら3月12日と13日に放送される予定だった とのこと。

そう、あの大震災で大変な時期だったのです。

 

私の住んで知る福島県の浜通りも大きな被害を受けました。

震災後に何ヶ月も続いた断水のために、毎日給水所まで往復してヘトヘトだったのを思い出します。

ドラマをゆっくりと楽しんでいる時期ではなかったですね。

佐々木蔵之介さんの圧倒的な演技に脱帽!

刑事・吉村弘役を演じた主演の玉木宏さんの演技も光っていましたが、それ以上に犯人・和賀英良(わがえいりょう)役の佐々木蔵之介さんの演技には圧倒されました

完全に主役を食っている感じがします。

とくに容疑者として取り調べを受けている時の蔵之介さん、目つきが本当に怖かったです。

自分の中の感情が抑えきれずに涙となって溢れ出る蔵之介さんをみて、私も号泣してしまいました(´;ω;`)

やっぱり渋い!小林薫さん

吉村刑事の相棒を演じていた今西刑事役の小林薫さん、渋かったです

小林薫さんは昔から好きな俳優さんなのですが、今回も良かったですね。

ちょっとした表情の一つ一つがその場に必要不可欠なものになっていて、みている私に推理のヒントを与えてくれるんです。

「あ、もしかして」「そう、それだ!」なんて感じですね。

年季の入った俳優さんの渋さがにじみ出ている小林薫さん、最高です(*´∀`*)

 

U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり

玉木宏さん主演のドラマスペシャル『砂の器』について

2011年9月に二夜連続で、テレビ朝日系で放送されました。

今までには、今西刑事を主役にした映画版(丹波哲郎さん主演)や犯人である和賀英良を主役にしたTBS系のドラマ版(中居正広さん主演)がありましたが、今回は吉村刑事を主役にして玉木宏さんが演じています

あらすじ

昭和35年12月、東京・蒲田駅構内の操車場で初老男性の他殺体が発見されました。

被害者の顔は、そばに落ちていた石によってまったく判別ができないほどに潰されていたんです。

刑事さんたちの必死の聞き込みにより、被害者は殺される直前に近くのバーで若い男性と飲んでいたことが突き止められます。

そのときに店員が聞いた『カメダ』という言葉をたったひとつの手がかりとして捜査が進んでいくんです。

そして事件の背後に隠された、息子にたいする父親の永遠の思いとそんな父親への息子の切ない思いと葛藤が次第に明らかにされていきます。

出演者とスタッフ

主演は吉村刑事役の玉木宏さん

その相棒・今西刑事役に小林薫さん

犯人・和賀英良役を佐々木蔵之介さん

今回のオリジナルキャラである女性新聞記者・山下洋子役に中谷美紀さん

英良の友人・関川役として長谷川博己さん

そしてちょっと短気でおマヌケな警部・田島役として西村雅彦さん

他にも小林稔侍さんや原田龍二さん、加藤あいさんに榎木孝明さんなど、豪華な顔ぶれがそろっています。

 

原作はもちろん松本清張さんの推理小説『砂の器』、脚本は竹山洋さん、監督は藤田明二さんです。

やはり『砂の器』は名作です

今までに何度も映画やドラマになっている『砂の器』。

作品によって主役の役柄が違っていますが、どの作品も人が心の奥底に隠している罪の意識との葛藤を描いています。

 

心の内に秘めた苦悩があふれ出る時、見ている人はもう涙をこらえることができないでしょう。

私も号泣です。

機会があれば、今回とは別の『砂の器』も、もう一度見直してみたいと思いました(*´∀`*)

 

U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり