『当サイトはプロモーションを含みます』

ファミリーにおすすめ!家族で楽しめる国内スキー場5選!

00 旅、旅行

冬の訪れとともに始まるのが、家族での楽しいスキー旅行計画でしょう。とくに、スキーは子供から大人まで一緒に楽しめる最高のアクティビティの1つです。

しかし、どのスキー場が家族連れに最適か、数多くの選択肢に悩む方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、全国のスキー場の中から家族連れにおすすめのスキー場を、子どもから大人まで楽しめるアクティビティや温泉施設などとともに紹介していきます。

家族連れに最適なスキー場選びのポイントとは

全国にあるすべてのスキー場が、家族連れに適しているわけではありません。楽しい体験を確実にするためには、スキー場を選ぶ際のいくつかの重要なポイントを考える必要があるでしょう。

キッズエリアやファミリーコースの有無

まずは、子供たちが安全に遊べる専用のエリアや、初心者でも楽しめるファミリーコースがあるかをチェックしましょう。

これらの設備は、子供たちがスキーやスノーボードに慣れるのにも役立ちます

レンタル設備の充実度

小さな子供を連れている家族にとって、スキーやスノーボードの装備を購入するのは現実的ではない場合があります。

というのも、子どもの成長は早いため、スキーやスノーボードの装備を購入しても、次のシーズンにはサイズが合わなくなってしまう可能性があるからです。毎年新しい装備を購入することは、経済的に大きな負担にもなるでしょう。

そのため、充実したレンタル設備があるかどうかは、家族でスキーを楽しむうえでの重要なポイントです。

託児所やキッズプログラム

小さな子供を持つ家族にとって、託児所や子供向けのレッスンプログラムがあるかどうかも重要です。

これにより、安心して大人だけでスキーやスノーボードを楽しむこともできます

イメージ-02

これはイメージです。Created by AI

アクセスの良さ

家族連れでの移動は大変なことが多いので、アクセスの良さも考慮する必要があります。

車での移動はもちろん、公共交通機関を利用した場合のアクセスの良さもチェックしましょう。

滞在施設

スキー場内、またはその近くに、家族連れ向けの宿泊施設があるかどうかもポイントといえます。

これは、スキー場の近くに宿泊することで、移動時間を大幅に削減できることや悪天候時に長距離移動を避けることができることなどが理由です。

その際、施設に子供向けのアメニティやファミリールームがあるかどうかも確認しておくのがおすすめです。

その他のアクティビティ

スキー場に、スキーやスノーボード以外にも、子供たちが楽しめるアクティビティがあるかどうかを確認しておくのがおすすめです。とくに、スノーシューイングやそり遊び、温泉施設などがあるといいでしょう。

スノーシューイングやそり遊びは、あまり技術を必要としません。なので、小さな子どもでも楽しめます。また、スキーの後の温泉は、冷えた体を温めながらゆったりできるなど、最高のリラクゼーションを提供してくれるでしょう。

以上に紹介したポイントをもとにスキー場を選べば、家族連れでも安心して楽しめるスキー旅行を計画することができます。

最適なスキー場選びは、家族の絆を深める貴重な機会を提供してくれるでしょう。だからこそ、事前のリサーチと準備に力を入れたいですね。

家族で楽しめるスキー場5選!

日本全国には、さまざまな魅力を持つスキー場が存在しています。家族連れにとって最適なスキー場を選ぶことは、冬の楽しみを最大限に引き出すポイントです。

ここでは、地域別に家族連れにおすすめのスキー場を紹介していきます。

八幡平リゾート安比高原(岩手県):東北地方で家族連れに人気のスキー場

八幡平リゾート安比高原スキー場は、岩手県八幡平市に位置し、その豊富な自然と高品質のサービスで家族連れから高い評価を受けています。

2023年には、「WORLD SKI AWARDS 2022」において「Japan’s Best Ski Resort 2022」の最優秀賞を受賞するなど、国内外から注目を集めてるスキー場です​​。

安比高原スキー場

家族連れにおすすめの理由

  1. 多様なコースバリエーション:総コース数21、最長滑走距離5500mにも及ぶ広大なゲレンデは、初心者から上級者まで全てのレベルのスキーヤー・スノーボーダーが楽しめます。とくに、北緯40度に位置する山の北側の斜面は、本州で最高レベルの雪質です​​。
  2. ファミリー向け施設の充実:スキー場内には、子供たちが安心して遊べるキッズエリアや、家族で楽しめるそりスペースがあります。また、ゲレンデ直結のラグジュアリーなホテルでは、快適な宿泊体験ができるなど、ファミリースキーを満喫できる環境が満載です。
  3. 四季を通じた楽しみ:安比高原は、スキーやスノーボードだけでなく、四季折々の自然を楽しむことができるリゾート地です。春から夏にかけては森林浴、秋には紅葉ツアーなど、豊かな自然の中でのアクティビティが楽しめます​​。

アクセス情報

安比高原スキー場へは、車や公共交通機関を利用して容易に行くことができます。とくに、東北地方や関東地方からのアクセスの良さは、家族連れにとって大きな魅力の一つです。

空港からのアクセス

  • いわて花巻空港⇒APPIエアポートライナー(路線バス)⇒安比高原駅
  • いわて花巻空港⇒空港アクセスバス(岩手県交通)⇒盛岡駅⇒安比高原駅(JR花輪線)
  • 大館能代空港線⇔安比高原(宿泊者専用貸切バス)<予約制>
  • 仙台国際空港⇔安比高原(宿泊者専用貸切バス)<予約制>

電車でのアクセス

  • 盛岡駅⇒盛岡駅・安比高原線路線バス(冬季のみ・予約不要)⇒安比高原
  • 盛岡駅⇒JR花輪線⇒安比高原駅

 安比高原駅から安比高原までは、安比ホテルズ利用の場合は送迎車の利用が可能:0195-73-5011(ANAクラウンプラザリゾート安比高原)

■車でのアクセス

  • 東北自動車道・安代IC⇒国道282号線⇒安比高原(約20分)
  • 東北自動車道・松尾八幡平IC⇒県道45号線⇒安比高原(約20分)

※ 車での移動の場合はスタッドレスタイヤやタイヤチェーンが必須

公式ホームページAPPI ALL SEASON RESORT
ライブカメラhttps://www.appi.co.jp/live_camera/
安比の天気情報安比高原の天気予報

安比高原スキー場:0570-029-511
ホテル予約センター:0195-73-5010(9:00~18:00)
所在地:岩手県八幡平市安比高原

 

たんばらスキーパーク(群馬県):関東から日帰り可能なスキー場

たんばらスキーパークは、群馬県沼田市に位置しており、関東エリアからのアクセスが良好です。また、家族連れや子供に優しいスキー場として知られています

たんばらスキーパーク

家族連れにおすすめの理由

たんばらスキーパークが家族連れにおすすめなのは、以下の理由によります。

  1. アクセスの良さ:東京からは、関越自動車道経由で約2時間で到着します。電車の場合なら、JR沼田駅から無料のシャトルバスが利用可能です。
  2. 子供向けの豊富なアメニティが充実:雪遊びやそり遊び専用のエリアとして「たんばランド」が用意されています。リフト1日券があると割引可能なうえ、2歳以下は無料です。
  3. お得なリフトチケットの提供:お得な回数券が発売されています。1回券とほぼ同じ料金で10回使用できるため、非常にお得です。
  4. 平日も運行される便利なツアーバス:JR高崎駅から冬季の間のみ運行されています。雪道の運転を避けたい人におすすめです。
    【大人】6,800円
    【学生】5,800円 ※中学生・高校生・専門学校生・大学生
    【小学生】4,200円
    料金には、往復のバス代とスキー場のリフト1日券が含まれています。

たんばらスキーパークは、以上のような特徴で、スノーバカンスを楽しみたいファミリーを存分に満喫させてくれます。

アクセス情報

電車でのアクセス

  • JR沼田駅前⇔たんばらスキーパーク(無料のシャトルバスを利用可能)

※ シャトルバスは予約が必要(前日の14:00まで)

車でのアクセス

  • 練馬から:関越自動車道・沼田IC⇒県道⇒たんばらスキーパーク(約2時間)
  • 宇都宮から:東北自動車道・岩舟JCT⇒北関東自動車道・高崎JCT⇒関越自動車道・沼田IC⇒県道⇒たんばらスキーパーク(約2時間)
  • 水戸から:常磐自動車道・友部JCT⇒北関東自動車道・高崎JCT⇒関越自動車道・沼田IC⇒県道⇒たんばらスキーパーク(約2時間30分)
  • 海老名から:圏央道・鶴ヶ島JCT⇒関越自動車道・沼田IC⇒県道⇒たんばらスキーパーク(約2時間20分)

ツアーバス(冬季限定)

  • 往路:JR高崎駅東口(集合 7:50・出発 8:00) ⇒ たんばらスキーパーク(到着 9:30)
  • 復路:たんばらスキーパーク(出発16:00) ⇒ JR高崎駅東口(到着17:30)
  • 問い合わせ:0120-753-815
  • 営業時間:9:00~17:30
  • 休業日:土・日・祝・年末年始

※ 集合場所:JR高崎駅東口のヤマダ電機前

公式ホームページTAMBARA たんばらスキーパーク
ライブカメラhttps://www.tambara.co.jp/winter/livecamera/

たんばらスキーパーク:0278-23-9311
所在地:群馬県沼田市玉原高原

白馬八方尾根スキー場(長野県):中部地方の雪質抜群スキー場

白馬八方尾根(はくばはっぽうおね)スキー場は、日本を代表するスキーリゾートの1つで、雪質の良さは国内外から高い評価を受けています。ファミリー向けの施設が整っており、幅広い年齢層が楽しめます。

白馬八方尾根スキー場

家族連れにおすすめの理由

  1. 多彩なコース設定:白樺ゲレンデ(初級)やパノラマゲレンデ(中級)、兎平ゲレンデ(上級)など、初心者からエキスパートまで満足できる16のコースがあります。家族全員のスキルレベルに合わせて楽しむことが可能です。
  2. 子供向け施設の充実:「なきやまスノーランド」や「ラビーパーク」など、子供たちが安全に遊べるキッズパークや、初心者や子供向けのスキースクールが充実しています。
  3. アクセスの良さ:白馬村は豊富な積雪量とバツグンの雪質、北アルプスの雄大なロケーションで知られ、首都圏からのアクセスも良好です。

アクセス情報

電車でのアクセス

  • 東京駅から:東京駅⇒北陸新幹線・長野駅⇒特急バス(永野・白馬線)⇒白馬八方尾根スキー場
    新宿駅⇒特急あずさ・松本駅⇒JR大糸線・白馬駅⇒路線バス⇒白馬八方尾根スキー場
  • 大阪から:新大阪駅⇒東海道新幹線・名古屋駅⇒特急しなの・松本駅⇒JR大糸線・白馬駅⇒路線バス⇒白馬八方尾根スキー場
    :大阪駅⇒特急サンダーバード・金沢駅⇒北陸新幹線はくたか・糸魚川駅⇒糸魚川・北アルプス連絡バス(冬季限定)⇒白馬八方尾根スキー場

車でのアクセス

  • 東京から:関越自動車道・藤岡JCT⇒上信越自動車道・長野IC⇒国道19号線(オリンピック道路)⇒白馬八方尾根スキー場
    中央自動車道・岡谷JCT⇒長野自動車道・安曇野IC⇒国道148号線(北アルプスパノラマロード)⇒白馬八方尾根スキー場
  • 大阪から:名神高速・小牧JCT⇒中央自動車道・岡谷JCT⇒長野自動車道・安曇野IC⇒国道148号線(北アルプスパノラマロード)⇒白馬八方尾根スキー場
    名神高速・米原JCT⇒北陸自動車道・糸魚川IC⇒国道148号線(北アルプスパノラマロード)⇒白馬八方尾根スキー場

公式ホームページ:HAKUBA HAPPO-ONE
スキー場ライブカメラ:https://www.happo-one.jp/gelande/livecamera/
周辺道路ライブカメラ:https://www.happo-one.jp/access/livecamera/

白馬八方尾根スキー場:0261-72-3066
0261-72-3280(八方尾根索道事業者協議会)
所在地:長野県北安曇郡白馬村八方

 

びわ湖バレイ(滋賀県):関西から行きやすいファミリーフレンドリーなスキー場

関西圏からのアクセスが良く、見晴らしの良いゲレンデでスキーを楽しむことができます。キッズエリアもあり、小さな子供を持つ家族にも安心です。

びわ湖バレイ

夏を迎えたびわ湖バレイ

家族連れにおすすめできる理由

  1. 四季折々のアクティビティ:冬季はスキーやスノーボードを楽しむことができ、夏季にはジップラインやウォータースライダーなど、季節ごとに異なるアウトドアアクティビティを楽しむことができます。これにより、家族連れでも一年中楽しめる施設です​​。
  2. 子供向けの施設が充実: 小さな子供でも楽しめるように、キッズパークや遊び場が設けられており、冬は雪遊び、夏はアスレチックなど、子供が安全に遊べる環境が整っています。また、愛犬と一緒に遊べるドッグランもあります​​。
  3. 絶景を楽しめるロープウェイ: びわ湖バレイへはロープウェイで上がることになりますが、このロープウェイ自体がびわ湖バレイの大きな魅力の1つです。360°のガラス張りにより、びわ湖の壮大な景色を楽しむことができます。ロープウェイは約1100mを駆け抜け、山頂からの眺めも絶景です​​。

アクセス方法

■電車でのアクセス

  • 京都駅⇒JR湖西線・志賀駅(約40分)⇒路線バス(約15分)⇒びわ湖バレイ
  • 名古屋駅⇒新幹線・京都駅(約40分)⇒JR湖西線・志賀駅(約40分)⇒路線バス(約15分)⇒びわ湖バレイ

最寄り駅はJR志賀駅で、JR京都駅から湖西線で約40分です。JR志賀駅からびわ湖バレイ行きのバスが運行しており、約15分で到着します。冬季は民間路線バス「江若交通」が、それ以外の季節はびわ湖バレイのマイクロバスが無料で運行しています​​。

車でのアクセス

  • 京都方面:名神高速・京都東IC⇒西大津バイパス湖西道路・志賀IC⇒びわ湖バレイ
  • 名古屋方面:新名神・名古屋西IC⇒亀山JCT⇒京都東IC⇒西大津バイパス湖西道路・志賀IC⇒びわ湖バレイ

名神高速・京都東ICから西大津バイパスを経由し、湖西道路滋賀ICで下車、一つ目の信号を右折し、1キロ先のびわ湖バレイ口を右折します。

公式ホームページ:びわ湖バレイ
ライブカメラ:https://www.biwako-valley.com/livecamera/

びわ湖バレイ:077-592-1155
所在地:滋賀県大津市木戸1547-1

くじゅう森林公園スキー場(大分県):九州・沖縄近郊の意外なスキーリゾート

大分県にある「くじゅう森林公園スキー場(正式名称・九重森林公園スキー場)」は、九州地方では珍しいスキーリゾートで、積雪時には美しい雪景色を楽しむことができます。家族連れでのんびりとスキーを楽しみたい方に最適です。

イメージ-01

これはイメージです。Created by AI

家族連れにおすすめできる理由

  1. 多様なコース: 初心者から上級者まで楽しめる様々なコースが完備されており、全家族がそれぞれのレベルに合わせてスキーやスノーボードを楽しむことができます。
  2. キッズパークと雪遊びコーナー: 小さいお子様連れの家族も安心して楽しめるよう、キッズパークや雪遊びコーナーが設けられています。これにより、スキーやスノーボードが初めての子供たちも雪と親しみやすくなります。
  3. 充実した施設: レンタルショップ、食事処、休憩スペースなど、スキー場内の施設が充実しており、家族連れで一日中快適に過ごすことが可能です。

アクセス方法

■車でのアクセス

  • 福岡方面:大分自動車・道九重IC⇒四季彩ロード⇒筋湯温泉(約2時間)
  • 大分方面:大分自動車道・湯布院IC⇒やまなみハイウェイ⇒筋湯温泉(約1時間)
  • 熊本方面:熊本市国道57号線⇒やまなみハイウェイ⇒瀬ノ本(約2時間)
  • 宮崎北部:国道10号線⇒国道502号線⇒瀬ノ本(約4時間)
  • 宮崎南部:九州自動車道・益城空港IC⇒国道57号線⇒やまなみハイウェイ⇒瀬ノ本(約4時間)
  • 鹿児島:九州自動車道・益城空港IC⇒国道57号線⇒やまなみハイウェイ→瀬ノ本(約4時間)

くじゅう森林公園スキー場は、その豊富な自然環境と家族連れに優しい施設・サービスを提供することで、冬のレジャーとして最適な場所です。大自然の中でスキーやスノーボードを楽しみたい家族にとって、忘れられない体験となることでしょう。

公式ホームページ:くじゅうスキー場
パノラマ:ストリートビュー

くじゅう森林公園スキー場:0973-79-2200
所在地:大分県玖珠郡九重町大字湯坪612-1

 

子どもから大人まで一日中楽しめるアクティビティ

スキーリゾートでは、スキーやスノーボード以外にも多くの冬のアクティビティが家族連れを待っています。これらのアクティビティは、スキーが得意でない方や、スキー以外の楽しみを求める方に最適です。

また、スキー場近くの温泉施設は、寒い冬の日に体を温め、リラックスするのにぴったりの場所です。

ここでは、スキーリゾートに多く用意されているアクティビティや温泉施設について、紹介していきます。

スキー以外に楽しめる冬のアクティビティとは

スキーリゾートで楽しめるスキー以外のアクティビティとは、おもに以下のようなものです。

そり滑り

そり滑りは、スキーやスノーボードに挑戦する前の小さな子供や、安全に雪の上で遊びたい家族に最適なアクティビティです。多くのスキー場には、そり専用のエリアが設置されています。

スノーシュー

スノーシューとは、雪の上を歩く特別な靴を履いて自然の中を散策するアクティビティのことです。雪景色の中、森の中をガイドと一緒に歩き、冬ならではの自然を体験できます。

アイススケート

一部のスキーリゾートでは、冬季限定でアイススケートリンクを設置しているところがあります。家族みんなでリンクを滑り、冬の醍醐味を楽しみましょう。

家族で楽しめる温泉施設

スキー場の温泉施設

スキーで疲れた体を癒やすのに最適なのが、スキー場内やその近くにある温泉施設です。露天風呂から雪景色を眺めながらの入浴は、格別の体験を提供するでしょう。

家族風呂がある温泉

プライバシーを重視する家族には、家族風呂がある温泉施設がおすすめです。家族だけでゆっくりと温泉を楽しむことができます。

これらのアクティビティや温泉施設は、スキーやスノーボード以外にも冬のリゾートを存分に楽しむための素晴らしい方法を提供してくれます。スキー場を選ぶ際には、これらのオプションがあるかどうかもぜひチェックしたいですね。

子供から大人まで、家族全員が一日中楽しめるスキーリゾートで、冬の思い出を作りましょう。

イメージ-03

これはイメージです。Created by AI

おわりに

全国には家族連れで楽しめる魅力的なスキー場がたくさんあります。

アクセスの便利さや初心者から上級者まで滑ることができる多彩なコース、子どもが喜ぶアクティビティやキッズパーク、そして、滑り疲れた体を癒やす温泉施設など、家族全員が満足できる要素が満載です。

この冬は、家族で思い出深いスキー旅行を計画してみてはいかがでしょうか。寒い冬も家族の笑顔で暖かく、そして忘れられない季節になることでしょう。

旅、旅行
スポンサーリンク