『当サイトはプロモーションを含みます』

【つれづれ日記】Amazonの「法人価格」ってなに?よくメールが届くのですが……

Amazonの法人価格-00 きわめて私的なつれづれ日記

このごろよく、Amazonから「法人価格をご利用いただけます」なるメールが届くので、ちょっと気になっていました。

そもそも、「法人価格」ってなに?という感じです。そこで今回は、Amazonの法人価格について調べてみました。

ここでは、Amazonの法人価格について、その概要やメリット・デメリット、そして法人価格を使えるようにする方法などを紹介していきます

法人価格の概要

Amazonの法人価格-01

Amazon法人価格というのは、ビジネスアカウントを持つ企業や事業主が利用できる、ちょっとお得な価格設定のことを指しています。この制度を使えば、普段のビジネス運営で必要な商品を、もう少しリーズナブルに手に入れる ことができます。

「でも、どうやって使うの?」という声が聞こえてきそうです。

法人価格を使うには、Amazonビジネスアカウントに登録します。登録はとっても簡単で、数ステップで完了可能です。

この法人価格、とくに大量購入をする場合にそのメリットを感じられるでしょう。

たとえば、オフィス用品やビジネスで使う機器など、少なくとも「量」が伴う購入では、個人価格で買うよりもかなりお得になるケースが多いです。

一般価格との比較

Amazonの法人価格-02

大前提として、Amazonの「一般価格」とは、私たちが普段Amazonで見る価格のことを指します。つまり、誰でもアクセスできる価格です。

ここにビジネスアカウントを持つと、特定の商品に「法人価格」が適用されるわけです。では、この「法人価格」がどれほどお得なのか、具体的に見てみましょう。

コピー用紙の場合

たとえば、オフィスで使うコピー用紙。

個人で買うと1パック1000円するところが、法人価格だと900円で購入できる感じです。これが、月に10パック、年間で120パック必要な会社だと、年間で12,000円も節約できる計算になります。

また、一般価格では見られない、大量購入の割引が適用される場合もあります。

これは、事業を運営する上では非常にありがたい特典でしょう。ただし、法人価格が適用されるのは、Amazonビジネスアカウントを持つユーザー限定です。

そして、すべての商品が法人価格で購入できるわけではないという点は注意しておく必要があります。

法人価格の存在理由

では、なぜAmazonはこのような制度を設けているのでしょうか?

それは、ビジネスユーザーをサポートし、より多くの企業にAmazonを利用してもらいたいという思いからのようです。

一般ユーザーとビジネスユーザー、それぞれのニーズに合わせたサービスを提供することで、Amazonは幅広い顧客層を獲得しようとしているのでしょうね。

法人価格のメリットとは

Amazonの法人価格-03

Amazonの法人価格、実はただ単に「お得」だけじゃありません。

もちろん、価格が安くなるのは大きなメリットですが、それ以外にもビジネスをスムーズに、そして賢く運営するためのいくつかの特典があるんです。

大量購入の割引

まずあげられるのは、大量に購入した場合の割引でしょう。

とくに、オフィス用品や消耗品など、定期的に大量に購入するものがあるなら、このメリットは非常に魅力的です。

一般消費者としてはなかなか手に入らない、お得な価格で購入できます。

税務処理の簡素化

法人アカウントを利用すると、購入履歴が一元管理され、必要な書類やレポートも簡単に取得できます。

これにより、税務処理や会計処理の効率を大幅に向上させることが可能です。経理部門からしたら、かなり助かる機能といえるでしょう。

購入管理機能

Amazonビジネスでは、購入承認プロセスを設定できます。そのため、無駄遣いを防ぎ、購入プロセスを効率化することが可能です。

たとえば、特定のカテゴリーや金額以上の購入には承認が必要、といったルールを設けることもできます。

Amazonの法人価格-04

ビジネス専用の選択肢

法人向けの商品やサービスが特別に用意されていることも、大きなメリットの1つといえます。

なぜなら、ビジネス用途に特化した商品やサービスを効率よく探し出し、比較・購入することができるからです。

専用のカスタマーサポート

問題が生じた際には、ビジネスアカウント専用のカスタマーサポートを利用できます。

これにより、迅速かつ専門的なサポートを受けることが可能になり、ビジネスの停滞を最小限に抑えることができるでしょう。

以上のことから分かるように、法人価格には、単に「お得に買い物ができる」ということ以上の、ビジネス運営をサポートするさまざまなメリットがあります。

これらのメリットを上手く活用することで、企業はより効率的で賢い運営が可能でしょう。

法人価格適用条件

Amazonの法人価格-05

Amazonの法人価格、ちょっと使ってみたいなと思うかもしれませんね。

でも、「誰でも使えるの?」「どうしたらいいの?」なんて疑問が浮かんでいるのではないでしょうか。

ここでは、その疑問について紹介していきます。

そもそも誰が使えるの?

Amazonの法人価格は、ビジネスアカウントを持つ法人、つまり企業や団体、または個人事業主が利用できます。

つまり、ビジネスでの利用を目的としたアカウントが必要ということです。そして、ビジネスアカウントを作るためには、いくつかの条件があります。

ビジネスアカウントに必要な条件とは?

ビジネスアカウントを作るには、以下の2つの情報が必要です。

  • 事業者情報:会社名や事業所の住所、連絡先など、事業を運営していることを証明できる情報
  • 税番号:税務上の識別番号。事業者として正式に登録されていることを示すために必要。

これらの情報を持っていれば、Amazonビジネスでアカウントの登録が可能です。

登録プロセスは思いのほか簡単で、オンラインで数ステップを踏むだけであっという間にビジネスアカウントが使える ようになります。

どんなメリットが?

ビジネスアカウントを持つと、法人価格での購入はもちろん、前述したようなさまざまなビジネス向けサービスやサポートを受けられるようになります。

これにより、購入管理が格段に楽になり、経費削減にもつながるでしょう。

法人アカウントの作成方法

Amazonの法人価格-06

ここでは、実際にビジネスアカウントを作成するプロセスを、わかりやすく紹介していきます。

ステップ1: Amazonビジネスへアクセス

まずは、Amazonビジネスのサイトにアクセスしましょう。

>>amazon business

普段使っているAmazonのアカウントとは別に、ビジネス専用のサイトがあるので、そこからスタートです。

ステップ2: アカウント作成をクリック

サイトにアクセスしたら、「アカウント作成」をクリックします。

個人用アカウントの作成と似ていますが、こちらはビジネス専用の情報を入力することになります。

ステップ3: 事業者情報の入力

次に、事業者情報を入力します。ここで必要になるのは、事業名、住所、連絡先などの基本情報です。

また、税番号の入力を求められる場合もあるので、事前に準備しておくとスムーズに進めることができます。

ステップ4: 確認と承認

情報を入力したら、Amazon側での確認作業が行われます。これには少し時間がかかる場合があります。

承認されれば、ビジネスアカウントを正式に使うことが可能です。

ステップ5: 法人価格での購入開始

アカウントが承認されたら、法人価格での購入を始めることができます。

購入管理機能なども活用しながら、ビジネスのための購入をより効率的に行ってみましょう。もし作成過程で不明な点があれば、Amazonのサポートに相談してみることが推奨されます。

おわりに

Amazonの法人価格-07

今回は、Amazonビジネスアカウントの作成方法を紹介しました。

しょっちゅうメールが届くので、一体何なんだろうとおもっていましたが、これで納得です。私のようにAmazonからメールが届いていた方も、これで疑問が解消されたのではないでしょうか。

もし、個人事業主などで活動しているなら、Amazonのビジネスアカウントを作ってみるのも、節約するための1つの方法かもしれませんね。

 

 

きわめて私的なつれづれ日記
スポンサーリンク