『当サイトはプロモーションを含みます』

梅の花が満開!知る人ぞ知る梅の名所「梅林寺」に行ってみた(福島県いわき市)

梅林寺-00 旅、旅行

今年は、まだ2月の中頃だというのに、すでに梅が咲き誇っている場所が多くあります。

これも、温暖化の影響なのでしょうか。今年は桜も、いつもよりも1ヶ月ほど早く咲くといわれています。

ということで、今回は、もうすでに梅の花でいっぱいになっている、地元の人にはけっこう有名な「福満山養泉院梅林寺」に行ってみました

なんと、梅林寺は「福島八十八箇所霊場」の第二番札所になっているというではありませんか。

そうでなくても、そもそも場所がお寺ということもあり、梅の花をみながら飲んだり食べたりはできません。

でも、お墓をバックに見事な梅の花が咲き乱れている場所として、知る人ぞ知る梅の名所なのです。

今回も、見事な梅の花を見ることができました♪

ここが梅林寺です

梅林寺はここです

所在地:福島県いわき市常磐水野谷町千代鶴35
連絡先:0246-43-2376
参考サイト:いわき市観光サイト:https://kankou-iwaki.or.jp/spot/10232

【アクセス】
・車の場合:常磐自動車道いわき湯本ICより約15分
・電車の場合:JR湯本駅よりタクシー利用で約5分(徒歩約20分)

県道20号線を自動車教習所のある交差点をまがると、すぐに梅林寺が見えてきます。ちょっと狭い入口を注意しながら曲がるとすぐにある駐車場に車を停めました。

駐車場から高台にあるお寺まで、ずっと坂道と階段が続いていています。その敷地いっぱいに、梅の花が咲き誇っている様子が見えました

梅林寺-01

梅林寺の入口の門です。駐車場に車が停まっているのが見えます。

梅林寺-03

梅の花が咲き誇っています

梅林寺-02

福満山養泉院梅林寺

駐車場に車を停め、あらためて門をくぐってお寺の敷地内に入ります。すると、お掃除しているお地蔵さん(!)が、出迎えてくれました♪

梅林寺-04

マスクをしています

この先は、ずっと坂道が続きます。坂の途中からも、境内いっぱいに咲き誇る梅の花を見ることができます。

梅林寺-05

梅林寺-06

お地蔵さんの周りにも、白やピンクの梅の花が……

梅林寺-08

梅林寺-09

白く咲いた梅の花に囲まれて、登り坂はまだ続きます

梅林寺-10

梅、梅、梅がいっぱいです

梅林寺-11

梅林寺-12

梅林寺-13

梅林寺-14

途中にトイレもありました。安心です♪

梅林寺-15

この階段を登るとお寺のようです

境内の様子です

階段を登りきると、お寺の本堂です。供養に訪れている参拝者さんの姿もみえました。

境内はさすがに荘厳な感じで、はしゃぎまわる雰囲気ではありません。神妙な気持ちで境内の梅の花を見て回りました。

梅林寺-15

本堂が見えます

梅林寺-16

梅林寺-17

裏山にも梅がいっぱいです

梅林寺-18

梅林寺-19

境内はかなり広いです

梅林寺-20

如来様(?)がいらっしゃいました

梅林寺-21

如来様のまわりに咲くしだれた梅の花がきれいです

梅林寺-22

梅林寺-23

赤やピンクや白の梅が咲き乱れています

梅林寺-24

一休みできる場所を見つけました。周りをみまわしながら、しばし休息。

梅林寺-25

「洗心」と読めます。意味深い感じです。

お地蔵さんが見送ってくれました

梅林寺はけっこうな高台にあります。なので、一休みしながら周りを見ると、いわき湯本の町並みが一望できました。

来た道をゆっくりと下り、先程のほうきをもったお地蔵さんに見送られ、梅林寺を後にしたのでした。

梅林寺-26

梅林寺から東方向にあるいわき湯本の町並みです

梅林寺-27

梅林寺-29

駐車場です

梅林寺-30

下の方にお寺の門が見えます

梅林寺-31

来た道を戻るときも梅の花にうっとりです

梅林寺-33

門が近づいて来ました

梅林寺-34

先程のお地蔵さんが丁寧に挨拶してくれました♪

梅林寺-36

門のそばにある石碑です

梅林寺-35

じゃあ、またね♡

お地蔵さんに手をあわせて、梅林寺をあとにしました。

おわりに

いわき湯本にある梅林寺は、知る人ぞ知る梅の見どころとして、地元の人には有名です。

今回、初めて行ってみたのですが、たしかにすごかったです。あっちもこっちも、白やピンク、それに真っ赤な梅の花だらけでした。

境内には桜の木も植えられていたので、もう少しすれば桜が咲き誇るのでしょう。なので、そのときにまた、訪れてみようと思いました。

そのときも、入口にいるお地蔵さんはお掃除をしているかもしれません♡

旅、旅行
スポンサーリンク